リバプールサウンド

感性と理論

リバプールサウンド

https://ja.wikipedia.org/wiki/リバプールサウンド

https://en.wikipedia.org/wiki/Mersey_Beat

リバプールサウンドとは、1960年代前半にイギリスで勃興したロックンロールのムーブメントおよびそこから確立したジャンルを指す音楽用語。日本独自の呼称であり[注釈 1]、現地ではマージー・ビート英語Merseybeat)、ビート・ミュージック英語Beat music)、ブリティッシュビート英語British beat)などと呼称された[1]

ロックンロールドゥー・ワップスキッフルR&Bソウル・ミュージックなど様々な既成の音楽が融合され、1960年代中盤まで進化・分化していった[2]1964年以降、このムーブメントから生まれたバンドが次々とアメリカポップ・ミュージック界に進出してヒットチャートを賑わせ、第1次ブリティッシュ・インヴェイジョンのリーダー役となった。

マージー・ビートは、1960年代初頭にイギリスのリバプールで音楽出版物でした。

リバプール・アート・カレッジのジョン・レノンのクラスメートの一人であるビル・ハリーによって設立されました。

新聞は、すべての地元のリバプールバンドと、演奏するために町に来たスターに関するニュースを運びました。

ビートルズはマージー・ビートと密接な関係があり、多くの独占的な物語や写真を運んでいました。また、バンドの歴史や、スペースフィラーとして時折彼によるコミカルな分類された広告など、レノンの初期の著作のいくつかを出版しました。

始まり

仲間の学生、ジョン・アシュクロフトは、ハリーにロックンロールレコードを紹介し、ローリー・ストーム&ザ・ハリケーンズとキャス&ザ・カサノバスのメンバーを紹介しました。ハリーはノートを持ち歩き、地元のグループに関する情報を収集し、かつてデイリーメールに手紙を書いた。

「リバプールは世紀の変わり目のニューオーリンズのようなものですが、ジャズの代わりにロックンロールがあります」。

港町のリヴァプールは海の玄関口で海外から多くの労働者が訪れるため、多様な音楽を演奏するパブやレコード店が存在し、そのような環境の下アメリカの大衆音楽ロックンロール、R&Bブルースに熱中する若者が生まれた[4]

彼らは一時的な流行とは関係なく、彼らにとっての「本物」の音楽を探し求めた[5]

情報源はもっぱら米軍放送や海賊放送などであった。そういった土壌に呼応して、リヴァプールでは当時300を超えるバンドがひしめき合い、ダンス場、コンサート・ホール、クラブなどでプレイしていた。

地域の連帯感とイギリス社会全体からの疎外、経済の停滞による閉塞感など、様々な要因がこの地域における独自のビート・ミュージックの誕生に影響を与え、アメリカから流入する最新のレコード、ギターなどの楽器にいち早く触れられる環境でもあった[6](貿易制限のためギターの輸入量は限られてはいたが)ことも重なって、リヴァプールのビート・バンド達はバディー・ホリー&ザ・クリケッツ英語版[注釈 2]をはじめとする同時代のアメリカのグループに大きな影響を受けた。

1962年のビートルズのデビューと前後して数多くのイギリスのバンドがデビューしており、彼らと同様に、ロックンロールブルースリズム&ブルースカントリーフォーク・ミュージックなどにルーツを持つバンドを一括りとしてブリティッシュビートバンドと呼ばれている。

大別すると初期ビートルズ、ジェリー&ザ・ペースメイカーズサーチャーズなどのリバプール出身のバンドに類する音楽性を持ったマージービートに始まり、ローリング・ストーンズヤードバーズなどのリズム&ブルース、ブルースの影響の強いバンド、さらにそこから発展したザ・フースモール・フェイセズ等のモッズバンドまで多岐に渡る。いずれも黒人音楽からの強い影響が見られ、小編成のバンドスタイルによる歯切れの良いビートギターサウンドが主な特徴である。

彼はまた、新興のリバプール音楽シーンについてリバプールエコーに手紙を書いたが、どちらの新聞もティーンエイジャーに人気のある音楽についての物語に興味がなかった。

地元のグループのためのリバプールエコーのクラシファイド広告は常にジャズの見出しの下にありましたが、実際に支払ったプロモーターやグループからの嘆願にもかかわらず、新聞はこのポリシーの変更を拒否しました。

ハリーはストーリービル/52丁目と呼ばれるジャズ新聞を制作することを計画し、ストーリービルと呼ばれるクラブのオーナーであるサム・リーチに連絡しました。リーチは新聞に資金を提供すると約束したが、ハリーとの3回の会議に出席できず、別の投資家を見つける以外に選択肢はなかった。

ハリーは、リバプールのロックンロール音楽シーンをカバーする隔週の新聞を始めることがより成功し、現在のチャートのヒット曲やアーティストについての記事だけを書いたニューミュージカルエクスプレスやメロディメーカーなどの全国的な音楽新聞とは異なるだろうと考えました

設立

ジャカランダの友人である写真家ディック・マシューズは、ハリーのリーチとの問題を聞き、ハリーに50ポンドを貸した地元の公務員ジム・アンダーソンにハリーを紹介しました。

これにより、ハリーは1961年にマージー・ビートを設立することができました。

ハリーは、リバプール、ウィラル、バーケンヘッド、ニューブライトン、クロスビー、サウスポート、ウォリントン、ウィドネス、ランコーンの音楽シーンをカバーし、2週間ごとに新聞を発行することにしました。

彼は、音楽のビートとは何の関係もない警察官の「ビート」(職務領域)について考えることで、マージービートという名前を思いついた。

バージニアはウールワースで会計/コンプトメーターオペレーターの仕事をあきらめ、週に£2.10/-(2ギニー)でフルタイムで働きました(マージーラウンドアバウトの記事にも貢献)、ハリーはシニアシティアート奨学金の資金で住んでいました。

マシューズはグループを撮影し、アンダーソンはリバプールの81aレンショーストリートにあるデビッドランドのワイン商人の店の上に週5ポンドで小さな屋根裏部屋のオフィスを見つけました。

アンダーソンとマシューズは新しいオフィスへの引っ越しを手伝い、アンダーソンは机、椅子、オリベッティタイプライターを提供しました。

ハリーはプリンタージェームズEに尋ねた。

ジェームズ(フランクコメントを印刷した)は、当時の駆け出しの会社には高すぎたため、写真に使用した印刷ブロックを借りることができれば。

ハリーはまた、ウィドネスウィークリーニュース、パントフィンクス、地元の映画館からブロックを借りましたが、表紙の横に無料のチャリティー広告を印刷して慈善団体に貢献しました。

夕方にバージニアをボウリングパークに連れて帰った後、ハリーはしばしばオフィスに戻り、一晩中働き、朝の4時にお茶とホットパイを買うためにピアヘッドに行くためだけに一時停止しました。

バージニアの両親は、クラシファイド広告の代金を支払い、ハリーと彼の将来の妻の最初の写真を一緒に手配したため、この間、新聞を手伝いました。

新聞の価格(3ペンス)を小売業者と分割し、ハリーは3つの主要な卸売業者、W.H.を手配しました。

スミス、ブラックバーンズ、コンランズ、マージービートを売る。

ハリーは個人的に20以上の新聞販売店だけでなく、Cramer&Lea、Rushworth&Draper、Cranesなどの地元の会場や楽器やレコード店にコピーを届けました。

同紙は1961年7月6日に初版を発表し、5,000部をすべて完売した。

ハリーがマンチェスター、バーミンガム、シェフィールド、ニューカッスルのグループに関する話を特集し始めたため、新聞の発行部数は急速に増加し、発行部数は75,000部に増加しました。

新聞の売り上げが上がるにつれて、それは「十代の聖書」として知られるようになりました。

地元のグループはすぐに「ビートグループ」と呼ばれ、会場は「ビートセッション」としてコンサートの広告を開始しました。

発行部数の増加に伴い、新聞のオフィスは階下からより大きな2部屋のオフィスに移動されました。

キャバーンクラブのドアマン、パット(パディ)デラニーはコピーを届けるために雇われ、秘書のパット・フィンは雇われ、レイモンド・ケインは広告スペースを促進するために雇われました。

ハリーは後に、

「新聞、テレビ、劇場、ラジオはすべて、若者が何を望んでいるのかを知らなかった別の世代の人々によって運営されていました。何十年もの間、彼らはそれらを操作し、制御してきました。突然、若いという意識があり、若者は自分のスタイルと自分の音楽を望んでいました。ちょうどその時、彼らはお金を稼ぎ始め、それは彼らに消費力を与えました。マージービートは彼らの声であり、彼らのための紙であり、自分のグループに関する写真や情報が満載でした。そのため、その報道が他の地域に拡大するにつれて、英国中の若者にもアピールし始めました。」

当時のリバプールの雇用状況のために、デイリーワーカー新聞は「マージーサウンドはDOLE(失業手当)の3万人の音だ」と言ってリバプールの若者の熱意を非難した。

1958年から1964年の間に、マージーサイド地域には約500の異なるグループがあり、常に形成され、解散し、平均約350のグループが定期的にコンサートを演奏していました。

1961年、ハリーとキャバーンクラブのDJ、ボブ・ウーラーは、彼らが個人的に聞いたことのあるグループのリストをまとめました。

1962年、マージー・ビートは誰が最も人気のあるマージーサイドグループであるかを調べるために世論調査を開催しました。投票が数えられたとき、ロリー・ストーム&ザ・ハリケーンズが1

位でしたが、郵便投票をもう一度調べた後、ハリーは40票がすべて緑色のインクで、同じ筆跡で、リバプールの同じ地域から書かれていることに気づいたので、疑わしい投票は無効と宣言されました。これはストーム自身ではないかと疑われたが、ハリーはビートルズがまったく同じことをしたことを知らなかった。

彼の結果は1962年1月4日に発表され、ビートルズが1位になった。結果は1962年1月4日にマージービートの第13号に印刷され、フロントページで「ビートルズトップ投票!」と発表されました。18]

マージービート時代の象徴的なシンボルは、地元のアーティスト、トニー・ブースによって作成されたポスターアートワークでした。

彼は、その期間中に行われていたすべてのコンサートを宣伝するために使用される何百ものポスターの作成を依頼された地域のプロモーターの間で人気のある人物でした。彼のポスターは、キャバーンクラブの外での彼の有名な作品のいくつかを含め、マージーサイドのいたる所の壁で見られました。

世論調査[編集]

1962年、マージービートは、最も人気のあるマージーサイドグループが誰であるかを調べるために世論調査を開催しました。結果は1962年1月4日に発表された。

1. The Beatles
2. Gerry and the Pacemakers
3. The Remo Four
4. Rory Storm and the Hurricanes
5. Johnny Sandon and The Searchers
6. Kingsize Taylor and the Dominoes
7. The Big Three
8. The Strangers
9. Faron & The Flamingos[20]
10. The Four Jays[21]
11. Ian and the Zodiacs[22]
12. The Undertakers
13. Earl Preston & The TTs
14. Mark Peters and the Cyclones[23]
15. Karl Terry and the Cruisers[24]
16. Derry and the Seniors
17. Steve and the Syndicate
18. Dee Fenton and the Silhouettes
19. Billy Kramer and the Coasters
20. Dale Roberts and the Jaywalkers

世論調査の人気は、ラッシュワースの音楽店のマネージャー、ボブ・ホッブズは、レノンとジョージ・ハリソンに新しいギターをプレゼントしました。

リバプールの多くのグループは、彼が頻繁にそれらを特集したので、彼の新聞はマージービートルズと呼ばれるべきだとハリーに文句を言った。

ドイツのスターン誌はハリーに電話をかけ、リバプールのすべてのグループの写真を手配できるかどうか尋ねました。

ハリーは、キルヒヘル(当時サトクリフのガールフレンド)が写真を撮るためにクレーンの上に立つ写真家になることを提案した。

ージニアはリバプールのすべてのグループに電話をかけ、全員が同じ日にセントジョージズホールに来るように手配しました。キルヒヘルとマックス・シェラーは、すべてのグループにミュージシャン1人あたり1ポンドが支払われると言いましたが、その日に200以上のグループが集まり、その結果、キルヒヘルとシェラーはお金を使い果たしました。

新聞のもう1人の著名な支持者は、将来のビートルズのマネージャーであるブライアン・エプスタインで、NEMSエンタープライズで利用可能な新しいレコードリリースについて定期的にコラムを書きました。

注:マージービートというフレーズは、当時の地元の音楽を記述するためにも使用され、マージーサウンドとも呼ばれ、ビートミュージックを参照してください。

ハリーは地元の歌手、プリシラ・ホワイトに「スイング・シラ」という記事を書いた後、ファッションコラムに貢献するよう依頼し、「シラ・ブラックは名声への道を始めているリバプールの女の子です」と書いた。

ハリーの間違いは、彼が彼女の姓(彼が色であることを知っていた)を思い出せなかったために起こったが、ホワイトはそれを芸名として保持することに決めた。2年後、ハリーはブラックがブルーエンジェルクラブでエプスタインのために歌うように手配し、管理契約につながった。

1962年後半、ハリーは「北を見上げる」という記事を書き、ロンドンからA&Rの男性にリバプールに旅行し、音楽シーンで実際に何が起こっているのかを見るように頼みましたが、どのレコード会社もリバプールにA&Rの代表者を送りませんでした。

ジャーナリストのナンシー・スペインはかつてニュース・オブ・ザ・ワールド紙に「ビルとバージニア・ハリーはマージー・ビート夫妻だった」と記事を書き、ボブ・ディランがオデオンに出演するためにリバプールを訪れたとき、彼は特にハリーに街へのガイドとして行動するように頼んだ。

最後の号とロンドン

1964年9月13日、エプスタインは全国的な音楽紙を作成するためにハリーに近づいたので、ハリーはミュージックエコーという名前を作り、徐々にマージービートをそれにマージしました。

エプスタインはハリーに完全な編集管理を約束したが、その後、ハリーに彼の意図を知らせることなく、ファッションコラムを書くためにファッションコラムを書くためにD.J.とD.を雇った、ハリーは結果として辞任した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です