ロバート・ウィルキンス

感性と理論

ロバート・ウィルキンス

https://en.wikipedia.org/wiki/Robert_Wilkins

Apple Music

ロバート・ティモシー・ウィルキンス(1896年1月16日-1987年5月26日)[3]は、アフリカ系アメリカ人とチェロキー系のアメリカのカントリーブルースギタリスト、ボーカリストでした。

彼の特徴は彼の汎用性でした:彼はラグタイム、ブルース、ミンストレルの歌、ゴスペル音楽を同等の設備で演奏することができました。

キャリア[編集]

ウィルキンスは、テネシー州メンフィスから21マイル離れたミシシッピ州ヘルナンドで生まれました。彼は1920年代から1930年代初頭にかけてメンフィスと北ミシシッピで演奏し[5]、ファーリー・ルイス、メンフィス・ミニー(彼が指導したと主張した)、ソン・ハウスと同じ時期に演奏した。彼はまた、当時流行していた「ジャグバンドの流行」を活用するためにジャグバンドを組織した。メンフィス・ジャグ・バンドに匹敵する成功を収めることはありませんでしたが、ウィルキンスは1927年にメンフィスのラジオ局に出演し、地元の人気を強化しました。1928年から1936年まで、彼はビクターとブランズウィックレコードのために、単独で、またはスリーピー・ジョン・エステスのような単一の伴奏者と一緒に、キャノンのジャグ・ストンパーのガス・キャノンとは異なり、録音しました。彼は時々トム・ウィルキンスまたはティム・オリバー(彼の継父の名前)として演奏した。

1936年、40歳の時、彼はブルースを演奏するのをやめ、彼が演奏した殺人を目撃した後、教会に加わりました。[6] 1950年、彼は叙階された。[7] 1964年、ウィルキンスはブルースリバイバル愛好家のディックとルイーザ・スポッツウッドによって「再発見」され、フォークフェスティバルに出演し、新しい聴衆のために彼のゴスペルブルースを録音しました。[4]これらには、1964年のニューポートフォークフェスティバルが含まれます。そこでの「放蕩息子」の彼のパフォーマンスは、ヴァンガードレコードのアルバムブルース・アット・ニューポート、第2巻に含まれていました。1964年、彼はまた、ピードモント・レコードのために彼の最初のフルアルバム、ロバート・ウィルキンス牧師:メンフィス・ゴスペル・シンガーを録音しました。1969年のメンフィスカントリーブルースフェスティバルでライブ録音された別のフルセッションは、1993年に「…私を覚えておいてください」。

ウィルキンスは1987年5月26日にメンフィスで91歳で亡くなった。3]彼の息子、ジョン・ウィルキンス牧師(1943-2020)は、父親のゴスペルブルースの遺産を続けました。[8]

彼の最も有名な曲は、「That’s No Way to Get Along」と彼の作り直されたゴスペルバージョン「The Prodigal Son」(ローリング・ストーンズによってそのタイトルでカバーされた)、「Rolling Stone」、「Old Jim Canan’s」です。弁護士がバンドに近づき、クレジットの変更を求めた後、ストーンズはウィルキンスに「放蕩息子」をクレジットすることを余儀なくされた。ベガーズ・バンケットの初期のプレスでは、ウィルキンスではなく、ミック・ジャガーとキース・リチャーズだけが作曲家としてクレジットされました。オリジナルのBeggars Banquetのトイレカバーはウィルキンスにクレジットされています。レコード会社がカバーを拒否したとき、改訂されたプレーンホワイトカバーは誤ってジャガー・リチャーズを作曲家としてクレジットしました。最近のCDリリースでは、適切なクレジットでトイレの写真を使用しています。[9]