KEN COLYER

感性と理論

KEN COLYER

https://en.wikipedia.org/wiki/Ken_Colyer

ケネス・コリヤー(1928年4月18日-1988年3月8日)は、ニューオーリンズのジャズに専念したイギリスのジャズトランペット奏者であり、コルネット奏者でした。1] 彼のバンドはスキッフル間奏曲でも知られていた。

伝記[編集]

彼はイギリスのノーフォーク州グレートヤーマスで生まれましたが、ロンドンのソーホーで育ち、教会の聖歌隊のメンバーを務めました。

兄のビル(1922-2009)が第二次世界大戦に従軍したとき、彼はジャズレコードを残し、ケン・コリヤーに影響を与えました。

彼は17歳で商人海軍に入隊し、世界中を旅し、ルイジアナ州ニューオーリンズで有名なジャズミュージシャンの話を聞いた。

英国では、コリヤーは様々なバンドで演奏し、1949年にベン・マーシャル、ソニー・モリス、パット・ホーズ、ジョン・Rと一緒にクレーン・リバー・ジャズ・バンド(CRJB)に参加しました。

T.デイヴィス、ジュリアン・デイヴィス、ロン・ボウデン、モンティ・サンシャイン。

バンドは1951年7月14日にエリザベス王女の前でロイヤルフェスティバルホールで演奏した。

そのグループの一部は、キース・クリスティやイアン・クリスティを含む他のミュージシャンと合併し、クリスティ・ブラザーズのストンパーズを結成しました。

コリヤーは商人海軍に再入隊し、アラバマ州モービルで船に飛び込み、ニューオーリンズに旅行し、ジョージ・ルイスのバンドでアイドルと演奏しました。

彼はツアーでリードトランペット奏者の仕事をオファーされたが、当局に捕まり、拘留され、強制送還された。

コリヤはクリス・バー・バンドのトランペットのリードに招待され、ケン・コリヤーのジャズマンの最初のラインナップを形成しました:クリス・バーバー、モンティ・サンシャイン、ロン・ボウデン(ロナルド・アーサー・ボウデン、1928年2月22日、フラム、ロンドン)、ロニー・ドネガンとジム・ブレイ(ジェームズ・1] 彼らは1953年にストーリービルで最初の録音をしました。

コリヤと他の人は1954年に会社を別れ、それぞれが後年、相手を解雇したと主張した。[1] 1950年代半ばの次の短いバンドは、クラリネットのバーナード「アッカー」ビルクとトロンボーンのエド・オドネルをフィーチャーしました。[1]

その後、今日の古典的なラインナップとして見られるものでコリヤーのバンドに続きました:マック・ダンカン(トロンボーン)、イアン・ウィーラー(クラリネット)、ジョニー・バスタブル(バンジョー)、ロン・ウォード(ベース)、コリン・ボウデン(ドラム)、後にレイ・フォックスリー(ピアノ)が加わりました。

このバンドは、新しい最前線がサミー・リミントンとトニー・パイク(クラリネット)、グラハム・スチュワートとジェフ・コール(トロンボーン)、ビル・コール(ベース)、マルク・マーフィー(ドラム)を特集した1960年代初頭まで一緒に演奏しました。

1959年1月、イギリスの音楽雑誌NMEは、イギリスで開催される最大のトラッドジャズイベントがアレクサンドラパレスで開催されたと報じた。このイベントには、ジョージ・メリー、ディズ・ディスリー、アッカー・ビルク、クリス・バーバー、ケニー・ボール、アレックス・ウェルシュ、モンティ・サンシャイン、ボブ・ウォリス、ブルース・ターナー、ミック・マリガン、コリアーが含まれていました。3]

1963年、コリヤーバンドは映画「ウェスト11」で自分の名前で主演しました。

1972年、胃がんとの試合の後、コリヤーはバンドを率いるのをやめるという医師のアドバイスを受けた。[1]バンドは、ジョン・シリト(トランペット)を募集し、彼の「選ばれしシックス」として、バンジョーイストのジョニー・バスタブルのリーダーシップの下で働き続けた。コイヤーは1980年代までソロキャリアを続けた。[1]その頃、彼は時折クリス・ブラウントのニューオーリンズ・ジャズ・バンドと関係があり、そのバンドとのライブ録音のいくつかは後にCD(KCTCD5)でリリースされました。

彼は晩年に南フランスに引っ越した。レイクレコードは、コリヤーのアルバム(デッカカタログから)を再発行することから始まり、現在のカタログには彼の最高の録音のほとんどが含まれています。[引用が必要]

伝記「Goin’ Home」(2010年出版)は、マイク・ポイントンとレイ・スミスによって編集されました。2011年5月に下院ジャズ協会から栄誉を受賞しました。コイヤーの死の1年後、家族、友人、ミュージシャンのグループがロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで会い、彼の自伝「When Dreams are in the Dust」を出版する本来の目的でケン・コリヤー・トラストを設立しました。25年間、それは確立されたジャズミュージシャンの仕事をサポートし、若いミュージシャンや聴衆を奨励しました。その作業は現在、他の利害関係者によって継続されています。信託は、レスタースクエア近くの11-12グレートニューポートストリートにあるジャズクラブスタジオ51のサイトで記念プラークを後援しました。[1] 1995年4月18日にハンフリー・リトルトン、ジュリアン・デイヴィス、ケン・クラークによって発表されました。[4]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です