チャイナ・エアライン

感性と理論

チャイナ・エアライン

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/チャイナエアライン

地震で被災した熊本空港がリニューアル開業、台湾から多くのインバウンド客とのニュース

CI641 B-18002

中華航空、中国の航空会社の大手かと思ったら、台湾の航空会社だった。

機体の先端が青いグラデーション、共産国なら赤でしょう

1959年設立、中国の航空会社エア・チャイナ(1988)よりも先に設立、とはいっても中国はそれまで航空会社自体なく、政府の民航局(郵便局みたいなもの)が運営してた。

「設立当時は台湾の政府、中華民国が自身を中国を唯一代表する政府と主張していたためである。英語の社名に「China」と入っていることから、中華人民共和国の航空会社だと誤解されるとして社名変更を呼び掛ける動きがあるが、改名にかかるコストが約40億円かかると試算されており、また台湾独立の動きとして中国の反発を招き、社名変更後に中国からの圧力によって運航に支障がでる可能性も指摘されている」とのこと

中華という呼称を避けて、台湾航空に改名すると何かと面倒らしい

台湾は何かと勘違いしやすく、昨日も「日本と2プラス2」なんてニュースでいうから・・・

https://www.roc-taiwan.org/jp_ja/post/90853.html

自民党と民進党の与党同士、外交・防衛部会の会長同士の会合でした。政府間(外務大臣・防衛大臣)ではさすがにできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です