Mississippi” John Smith Hurt

感性と理論

Mississippi” John Smith Hurt

https://ja.wikipedia.org/wiki/ミシシッピ・ジョン・ハート

来歴[編集]
ミシシッピ州アヴァロン(Avalon)で育ち、彼は9歳でギターを学んだ。

若い時期のほとんどは、1920年代に入るまで、農作業のかたわら、友人やダンスのためにオールドタイム音楽(w:old time music)を演奏して過ごした。

1923年、彼は時々、いつものパートナーのシェル・スミスの代理で、フィドル奏者のウィリー・ナムール(w:Willie Narmour)をパートナーにした。

ナムールが1928年のフィドル・コンテストで優勝してオーケー・レコーズ(w:Okeh Records)で録音するチャンスを得た時に、彼はオーケー・レコーズのプロデューサー、トミー・ロックウェルにジョン・ハートを推薦した。

彼の自宅での「マンデー・モーニング・ブルース(”Monday Morning Blues”)」を聞いて選考した後に、彼はメンフィスとニューヨークシティで二つのレコーディングのセッションに参加した。

「ミシシッピ」という名前は、セールス用のギミックとしてオーケーによって加えられた。

完成した盤の商業的な失敗と、不況の間にオーケー・レコーズが業務を辞めたことで、ハートはアヴァロンに戻って、小作人として人目につかない仕事をしながら地元のパーティやダンスで演奏した。

しかし1963年、録音物に影響を受けた民俗音楽学者のトム・ホスキンズ(w:Tom Hoskins)が、ミシシッピ州アヴァロン近くのジョン・ハートを探し当てることができた。

実際、初期の録音で、ハートは「アヴァロン、マイホームタウン」という曲を歌っていたのだ。

彼のギターの腕はまだ健在で、ホスキンズはハートに、ワシントンD.C.へ移ってもっと広い舞台で演奏を始めることを奨励した。

彼の最初のリリースが世界恐慌と同時に起こったのに対して、彼の新しい経歴はおそらくよいタイミングではなかった。

1963年のニューポート・フォーク・フェスティバルでの花形のパフォーマンスは、新しい「フォーク・リバイバル」の観衆たちの間にスターとして映り、1966年に死亡するまで彼は大学、コンサートホール、コーヒーハウス、あるいはジョニー・カーソンの番組「トゥナイト・ショウ」で、広範囲にわたって演奏し、ヴァンガード・レコーズに3つ以上のアルバムを録音した。

ジョン・ハートの影響は、ブルース、カントリー、ブルーグラス、フォーク、同時代のロックンロールの、いくつかの音楽ジャンルに広がっている。柔らかな口調で、彼の性格は曲にも反映されて、最後までカントリー、ブルース、オールドタイムの穏やかな混合が残った。