悲愴、第一楽章、第一主題#3

感性と理論

悲愴、第一楽章、第一主題#3

4拍子な頭の音を意識するのは間違い
裏拍を意識する

つまり、B♭-E、E-G、D-B、E-C

E-Cがsfで、pedalマークがあるので、そこに入るため裏拍のグルーピーな?
でもそこ以外はアクセントついてるから、それは変

表を意識すると、D-Bをすっ飛ばしてしまうのは年寄りならではのリズム感なのか!?

ただ、クレッシェンドに入るときに、一気に表に戻る。

ここは右手は速くないので、左手のドカドカ上昇をしっかり刻まないと、音楽にならない

しかも長いクレッシェンド

スピードを落として練習する、pedalのタイミング、ハーフを使わないとついていけないのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です