カペー朝(フランス)

感性と理論

カペー朝(フランス)

https://ja.wikipedia.org/wiki/カペー朝

https://www.y-history.net/appendix/wh0601-098.html

987年から1328年まで続いた。

西フランク王国カロリング朝の姻戚関係にあり、カロリング朝が断絶したあと、987年に西フランク王ロベール1世ロベール朝)の孫にあたるパリ伯ユーグ・カペーがフランス王に選ばれて成立した。

1328年まで15代の王が続き、また後のヴァロワ朝ブルボン朝オルレアン朝に至るまでフランスの歴代の王朝はみなカペー家の分族から出ており[1]男系継承を長期に亘って維持した。

フランスの王位継承者は、サリカ法典により男系のカペー家の子孫のみが継承権を許されている。しかし、フィリップ4世の娘イザベルとイングランド王エドワード2世の間に生まれたエドワード3世がカペー家の相続を主張してフランスへ侵攻し、ここに百年戦争が勃発することになる。

その後、フランス王位はヴァロワ家ブルボン家へと受け継がれるが、これらの家系もカペー家の男系支族である。