譜読みの訓練

感性と理論

譜読みの訓練

ト音記号

五線譜上、右手:E、G、B、D、F

線間、右手:F、A、C、E

五線譜から上は①A → ②C → ③E → ④G

線間:G、B、D、F、A

一番下 C =ヘ音記号の一番上になる。

五線譜上(下から)、 左手:G、B、D、F、A → ト音記号のCへ

下に向かって、E、C、A、F、D、B・・・・

線間(下から)、左手:A、C、E、G、

下に向かって、左手:F、D、B、G、E・・・・

ト音記号とヘ音記号は、真ん中の「C」を中心に上下対照になっている。

D(レ)ーB(シ)、E(ミ)ーA(ラ)、F(ファ)ーG(ソ)

D#(E♭)ーB♭(A#)

E#(F)ー A♭(G#)

F#(G♭)ーG♭(F#)

G#≒ A♭で二つに分ける(ピタゴラ音律の結果)

ラシドレ=ソファミレ

A、B、C、D = G、F、E、D

全、半、全  = 全、半、全

4つの音は同じ間隔になる


調性、シャープ(と、に、い、ほ、ろ、へ)

#1:G(ト長調)ーEm(ホ短調)

#2:D(ニ長調)ーBm(ロ短調)

#3:A(イ長調)ー F#m(嬰

#4:E(ホ長調)ーC#m

#5:B(ロ長調)ーG#m

嬰がつくのは、全部単調?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です