ステュアート朝

感性と理論

ステュアート朝

https://ja.wikipedia.org/wiki/ステュアート朝

https://en.wikipedia.org/wiki/House_of_Stuart

1371年から1714年まで続いたスコットランド起源の王朝

1603年、エリザベス一世の死去により、スコットランド王ジェームズ六世がイングランド王ジェームズ一世として即位した。

イングランド王国チューダー朝は断絶、女系のスチュアート朝イングランド王国となった。

1603年以後はイングランド国王を兼ねて同君連合体制となり、1707年グレートブリテン王国イギリス)を成立させた。

「ステュアート」は、スコットランド語宮宰職、スコットランド大家令英語版)(Lord High Steward of Scotland)に由来する。

スチュアート家の祖先は、ノルマン人の征服の直後にイギリスに行ったブルトン人、アラン・フィッツフラットにまでさかのぼります。

スチュワート家のスコットランド王として最初の君主はロバート2世で、その男系の子孫は1371年からスコットランドの王と女王だった。

さらにスチュアート家は、1603年から1714年までイングランド、アイルランド、グレートブリテン三国の王または女王として「同君連合」を統治した。

スチュアート家のイングランド王位継承権は、イングランドからテューダー家ヘンリー7世の娘マーガレット(ヘンリー八世の姉)がスコットランド王ジェームズ4世に嫁してジェームズ5世( 1512年4月10日 – 1542年12月14日)が生まれたことによって得られた。

ジェームズ5世の長女、スコットランド女王メアリーはフランスで育ち、StewartからStuart、フランス語の綴りを採用した。

イングランドでテューダー朝最後の君主となるエリザベス1世(在位:1558年 – 1603年)が即位すると、メアリーはエリザベスが庶出であるとしてイングランド王位を要求し、スコットランドとイングランドの関係は悪化した。

嫡子のいなかったエリザベス1世の死後、メアリーの息子であるスコットランド王ジェームズ6世がジェームズ1世1566年6月19日 – 1625年3月27日)としてイングランド王位にも就いた(同君連合)。

アン女王(1665年2月6日 – 1714年8月1日)の時代にグレートブリテン王国として統合されるまで、両国は共通の王と独自の政府・議会を持つ同君連合体制をとった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です