ジョージ三世(ハノーヴァー朝#3)

感性と理論

ジョージ三世(ハノーヴァー朝#3)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジョージ3世_(イギリス王)

https://en.wikipedia.org/wiki/George_III

在位:1760年10月25日 – 1820年1月29日(約60年)

1801年1月1日:グレートブリテン及びアイルランド連合王国(現在のイギリス)国王

神聖ローマ帝国ハノーファー選帝侯でもあり、1814年10月12日以後はハノーファー王ゲオルク3世 (Georg III)に昇格した。


外交

治世初期にはグレートブリテン王国が七年戦争フランス王国に勝利、北アメリカインドにおける支配を確立。

アメリカ独立戦争では敗北して13植民地はじめ北米の多くの植民地を失った。

1793年からは革命時期ナポレオンの帝政時期のフランスとの戦争に突入、1815年ワーテルローの戦いまで続いた。

トーリー党をひいきにしたとみられたため、ホイッグ党からは独裁君主であると批判された。

北アメリカ植民地紛争

ジョージ3世の1763年宣言によりアメリカ植民地のアパラチア山脈西側への拡張が制限された。宣言の目的は植民地拡張を南北(フロリダとノバスコシア)に振り向けることにあった。

イギリスは、フレンチ・インディアン戦争/七年戦争の終結に伴い、北アメリカのフランス領を獲得した。西部辺境における毛皮取引、入植および土地の購入の規則を定めて、北アメリカ・インディアンとの関係を安定させるために、アメリカの植民地人に対してはアパラチア山脈の西側で入植や土地の購入を禁じた。さらに、この宣言はイギリス王室にアメリカ先住民族から購入した土地を独占的に取引する権利を宣言した(1763年宣言)。イギリス政府は原住民の反乱とフランスによる遠征の可能性を考慮して、植民地の防衛のための支出を支払わせることが適当であると考えた

北アメリカの東部。1763年宣言で赤色と桃色着色部の境界が引かれた。

植民地人にとって、主な問題は税金の金額ではなく、アメリカ人は議会に代表を出せなかったため、イギリス人のように「代表なくして課税なし」の権利があると抗議した。

1765年、ホイッグ党ジョージ・グレンヴィルグレンヴィルは印紙法を導入、北米におけるイギリス植民地の全ての文書に印紙税を課した。新聞は印紙された紙に印刷されたため、印紙税の導入の煽りを最も強く受けているものは同時に税金反対のプロパガンダを得意とした。

ジョージ3世はグレンヴィルが国王大権を減らそうとしたことに憤激しており、彼は大ピットに首相就任を打診した、その後、大ピットとジョージ三世は印紙税法を廃止している。

アメリカ人をなだめるために、ジョージ3世が「徴税の権利を保持するための、ただ1つの税」と称した茶税を除くほとんどの関税が撤廃された[48]。1773年、後にボストン茶会事件として知られるようになった事件において、植民地人はボストン港湾英語版)に停泊中の紅茶輸送船に乗船して、紅茶を海に捨てた。

アメリカ人はジョージ3世を暴君として仕立て上げたが、彼はこの時期には閣僚の取り組みを支持する立憲君主として振舞った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です