ハノーヴァー朝

感性と理論

ハノーヴァー朝

1714年から1901年まで続いたイギリス王朝

ステュアート朝の断絶を受けて、ドイツ北部の領邦君主の家系であったハノーヴァー家からジョージ1世国王に迎え入れて成立した。

歴代君主

グレートブリテン国王兼アイルランド国王

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国国王

  • ジョージ3世(1801年 – 1820年) – ハノーファー選帝侯(王)ゲオルク3世1814年にハノーファー選帝侯国は王国に昇格した。
  • ジョージ4世(1820年 – 1830年) – ハノーファー王ゲオルク4世
  • ウィリアム4世(1830年 – 1837年) – ハノーファー王ヴィルヘルム
  • ヴィクトリア(1837年 – 1901年)ハノーファーはサリカ法を採り女王の即位を認めていなかったため、ハノーファー王位はカンバーランド公アーネスト(エルンスト・アウグスト)が継承し、同君連合は解消された。

大英帝国(グレートブリテン)繁栄の時代

初期の国王がドイツ出身であるため流暢な英語が話せず、またイギリスの独特な政治事情にも不慣れであったことから、イギリスでは有力な閣僚に国政を委ねる議院内閣制がこの時代に確立されていった。

国王の関心がむしろドイツをはじめとする大陸ヨーロッパの情勢に向いていたこともあり、オーストリア継承戦争七年戦争といった大陸での戦争に関与していった。

アメリカ独立戦争への大陸諸国の介入などは、逆にこれが影響している面がある。

また、前王朝時代の名誉革命に始まるフランスとの対立は、ナポレオン戦争が終結するまで100年以上に及んだ。これは第2次百年戦争と総称されることもある。

一連の戦争においてはアメリカ独立戦争を除いて全てイギリスが勝利し、イギリスはヨーロッパ随一の強国として国際関係の主導的立場に立った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です