ヘンリー皇太子(ステュアート朝)

感性と理論

ヘンリー皇太子(ステュアート朝)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘンリー・フレデリック・ステュアート

https://en.wikipedia.org/wiki/Henry_Frederick,_Prince_of_Wales

スチュアート朝ジェームス一世の長男。

1594年2月19日 – 1612年11月6日

プリンス・オブ・ウェールズ。イングランド王兼スコットランド王ジェームズ1世(スコットランド王としては同6世)の長男、王太子。

1603年に父がイングランドの王位(ジェームズ1世)に就くと、ヘンリーはすぐにコーンウォール公爵(スコットランド王)、1610年にはプリンス・オブ・ウェールズの称号が与えられたが、1612年、チフスに罹って18歳で死去した。

弟のチャールズが王太子になり、父の死後チャールズ1世として即位した

美男子で明るい性格であったと伝えられ、父や弟と違って次期国王としてイングランドを理解することに努めていた。このため「ヘンリーが王位を継承していたならば、その後の三王国戦争議会との全面衝突、一連の清教徒革命)の発生を回避できたのでは」とする意見もある。

王は父親の役割よりも校長の役割を大いに好み、子供たちの学校教育のためのテキストを書いた。ジェームズは、ヘンリーの家庭は「裁判所よりもむしろ大学を模倣すべきである」と指示し[48]、または、サー・トーマス・シャロナー卿が1607年に書いたように、「殿下の家庭は[…]宮廷大学大学裁判所のために王によって意図されていた」[49]彼は情熱的にホーキング、狩猟、馬上槍試合、フェンシングなどの物理的な追求に従事し[50]、幼い頃から海軍と軍事問題と国家問題を研究し、彼はしばしば父親に反対した。彼はまた、父親が宮廷を行う方法に反対し、父親のお気に入りであるロバート・カーを嫌い、ウォルター・ローリー卿を尊敬し、彼がロンドン塔から解放されることを願った。[7]


宗教

彼の宗教的見解は、主に政治化されたカルヴァン主義プロテスタント神の主権聖書権威を強調、16世紀にローマカトリック教会から離脱した。)である。

チャールズ1世の伝記作家、チャールズ・カールトンは、ヘンリーを「傲慢なプロテスタント」と表現し、「傲慢なところまで、彼は彼の前で誓ったすべての人に罰金を科した」と言う。

王子の人気は高まり、父親を脅かすほどだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です