大(長老)カトー(マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス)

感性と理論

大(長老)カトー(マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス)

https://ja.wikipedia.org/wiki/マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス

https://en.wikipedia.org/wiki/Cato_the_Elder

紀元前234-149年。

長老賢者保守主義ヘレニズムへの反対で知られるローマの兵士。

「経験と組み合わせた自然の知恵の結果である常識」を示す言葉(ラテン語のカトゥスから)カトーと呼ばれた。

彼のあだ名「長老」は、ジュリアス・シーザーに反対した曾孫のカトー・ザ・ヤンガーと彼を区別している。

彼は幼少期のほとんどをサビーネ(民族)の農場の運営、ビジネス、農村経済の学習を監督して過ごしました。

著作

農場の運営に関する彼のマニュアル(De agri culturaまたは「農業について」)(c. 160)は、完全に生き残る彼の唯一の作品です。

これは、紀元前2世紀の田舎生活のサイドライトを含む、畜産と管理の規則の雑多なコレクションです。

ローマ人が農業活動を収益性に向けた大規模でより専門的なビジネスベンチャーに拡大していた時代に、多くの人に教科書として採用されたDe agri culturaは、農場で運営され、奴隷が配置されていることを前提としています。

カトーはオリーブの収穫のためにギャングを雇うことについて助言し[44]、奴隷を継続的に働かせ続けること、病気のときの奴隷の配給を減らすこと、そして古いまたは病気の奴隷を売ることに関する彼の冷たいアドバイスで注目されました。[45] 

声に出して読み、農場労働者と議論することを意図したDe agri culturaは、後のラテン語の作家によって広く読まれ、多く引用されました(時には不正確に)。46] 

Cato the Elderは、農場を判断する際に最も重要な側面としてブドウ園をランク付けしました。これは、当時のワイン取引の収益性のためでした。

穀物の危機により、穀物牧草地は6位にランクされました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です