ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアート

感性と理論

ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアート

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジェームズ・フランシス・エドワード・ステュアート

https://en.wikipedia.org/wiki/James_Francis_Edward_Stuart

1688年6月10日 – 1766年1月1日

老僭王”(あるいは、“大僭称者”、The Old Pretender)と呼ばれるイングランドスコットランド王位請求者(自称在位:1701年9月16日 – 1766年1月1日)。

支持者であるジャコバイトによって、イングランド王ジェームズ3世及びスコットランド王ジェームズ8世と呼ばれる。

権利章典1689和解法1701は、ジェームズのようなカトリック教徒をイギリスとイギリスの王位から除外した。

彼は1715年のジャコバイト蜂起の間にイギリスとアイルランドの王位を獲得しようとして失敗した。修復の最後の試みである1745年のジャコバイト蜂起は、彼の長男チャールズ・エドワード・スチュアート(若いプリテンダー)によって導かれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です