バージニア州

感性と理論

バージニア州

https://ja.wikipedia.org/wiki/バージニア州

https://ja.wikipedia.org/wiki/バージニア州の歴史

白人の入植

ヨーロッパ人による入植は、1607年イギリス人移民がジェームズタウンを造ったときに始まった。

奴隷の労働力を使って栽培されたタバコが利益の出る換金作物となり、北アメリカでも富裕で人口の多いイギリス植民地になっていった。

メリーランド州参照

アメリカ独立戦争のときにイギリスから独立を勝ちとった13植民地の1つ。

しかし、アメリカが奴隷制の問題で2分したときは、1861年に合衆国から脱退して南部連合に属した際に、南北戦争(1861〜1865)の主戦場となった。バージニア州北西部は奴隷制度に反対する層が分離してウエストバージニア州を作って1863年には公式に新しい州として、35番目に合衆国への加盟を認められた。

南北戦争の後は他の南部諸州と同様に農業不況を味わい再建のために苦しんだが、19世紀後半、紙巻きタバコに対する人気が上がり、タバコ生産業を賑わせることになった

田園の残る州南部と西部(北側がウェストバージニアに接する)は、その「南部戦略」への対応で共和党支持に動いており、北バージニアの大半など都心部と成長する郊外部は民主党の地盤を形成している

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です