メリーランド州

感性と理論

メリーランド州

https://ja.wikipedia.org/wiki/メリーランド州

南と西はバージニア州ウェストバージニア州[4]、ワシントンD.C.に[2]、北はペンシルベニア州、東はデラウェア州と接している[4]

https://ja.wikipedia.org/wiki/メリーランド州の歴史

1498年のジョン・カボットに始まるヨーロッパ人がこの地域を探検し始めるまではアメリカ州の先住民族が住んでいた。

1645年、相当数のイギリス人移民が到着し恒久的開拓地を築いたのが植民の始まりであった。

イングランド国内で禁じられていたカトリック信仰の擁護者的存在になったヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス王妃(イングランド内戦ピューリタン革命で処刑されることになるチャールズ1世の妃)の名前である。

イングランドの元の13植民地の1つとして、メリーランド州は、イングランドで迫害されたカトリック教徒に宗教的な避難所を提供しようとしたカトリックの改宗者である初代ボルチモア男爵ジョージ・カルバートによって設立されました。

女王エリザベス1世(1558〜1603)の治世下において、教会と国家の長である君主に忠誠を誓うことを義務付ける「エリザベス朝の宗教的和解」を導入し、宗教対立の激化に対応した。女王を排除しようとするカトリック教徒の陰謀がいくつか発生し[2]、これを受けて最高刑である首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑を含むカトリック司祭に対する厳しい措置が取られた。後を継いだジェームズ1世の治世下で起こった火薬陰謀事件(1605年)を機に、神学校の神父らに対する取り締まりなど、さらに迫害は苛烈になっていった。

1632年、イングランドのチャールズ1世はボルチモア卿に植民地憲章を与え、妻のヘンリエッタ・マリア・オブ・フランス王妃にちなんで植民地に名前を付けました。


金貨や銀貨は使わない

植民地だったアダムスミスの時代(18世紀後半)、貿易でも国内でも商業取引は「タバコ」を使っていた。

バージニアやメリーランドの植民地との貿易をおこなっているイギリスの商人は、販売した商品の支払いを金銀で受け取るより、タバコで受け取る方が好都合である点で、植民地の商人にとって特殊な取引先である。

受け取ったタバコの販売で利益を得られると予想しているのである。

金銀を受け取った場合には、それを売っても利益は確保できない。

このため、イギリスとタバコ植民地との間の貿易では、金貨や銀貨はめったに使わない。

メリーランドとバージニアでは、貿易でも植民地内の商業でも、金銀はめったに使わない。

のため、この二つの植民地には、アメリカのどの植民地とくらべても金貨や銀貨が少ないといわれている。

しかし、メリーランドとバージニアは他の植民地と変わらないほど繁栄しており、したがって豊かだといわれている。

当時の金銀の保有量が国富の尺度という一般論に対する反論になっている。

アメリカ植民地の現実的・合理的経済活動から得られる実証的理論である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です