ジャガイモ

感性と理論

ジャガイモ

https://en.wikipedia.org/wiki/Potato

https://en.wikipedia.org/wiki/History_of_the_potato

ジャガイモは16世紀後半にスペイン人によってアメリカ大陸からヨーロッパに導入された。

ジャガイモは16世紀の終わりの数年前に、2つの異なる入国港で到着したと思います。最初は論理的に、1570年頃のスペインで、2番目は1588年から1593年の間にイギリス諸島を経由しました

ジャガイモは、非食品目的でヨーロッパで最初に広がった。それはナイトシェードファミリーの一員であるため、疑いと恐怖で見なされた。ヨーロッパ人は、ナイトシェードに似ているということは、魔女や悪魔の創造であることを意味すると仮定した。

人々は、ジャガイモがしばしばハーブガーデンで栽培された他の植物のように有毒であることを恐れ、地下で育った「悪魔のリンゴ」という愛称で呼ばれる植物に不信感を抱いた。

フランスドイツでは、政府関係者と高貴な土地所有者は、1750年以降、休耕地のジャガイモ畑への急速な転換を促進しました。したがって、ジャガイモは北ヨーロッパで重要な主食作物となった。

ジャガイモは、穀物1エーカーあたり約3倍のカロリーを生み出し、より栄養価が高く、より多様な土壌や気候で成長し、近世の農業生産を大幅に改善したため、ヨーロッパの人口統計と社会に大きな影響を与えました。

それを大規模に栽培したヨーロッパで最初の地域は17世紀初頭のアイルランドだったので、18世紀までにアイルランドの人口は爆発し、その人々はほぼ完全に作物で生活しました。アイルランド(アイルランドからの輸入に加えて、ランカシャーとロンドン周辺で広く栽培されている)に到着した直後にイギリスに広がり、18世紀までに定番になりました。

1715年までに、ジャガイモは低地諸国、ラインラント、南西ドイツ、東フランスに広く普及し、18世紀半ばまでに、1744年からのフリードリヒ2世政府の努力により、北ドイツと東ドイツのプロイセン王国でもしっかりと確立されました。

ドイツの土地では、プロイセンの王フリードリヒ大王は、ジャガイモに対する農民の懐疑論を克服することに成功し、1756年に彼はその栽培を義務付ける公式宣言を発行しました。ThisKartoffelbefehl(ジャガイモの注文)は、なじみのない塊茎を「非常に栄養価の高い栄養補助食品」と呼んだ。フレデリックは時々Kartoffelkönig(「ポテトキング」)として知られていました。

ジャガイモは、19世紀の産業革命を支えることで、英国の経済発展を促進した。それは、都市労働者が小さな裏庭の区画で簡単に栽培できるカロリーと栄養素の安価な供給源として機能しました。ジャガイモは、石炭が容易に入手できるイングランド北部で人気が高まったので、ジャガイモ主導の人口ブームは、新しい工場に十分な労働者を提供しました。マルクス主義者のフリードリヒ・エンゲルスは、ジャガイモは「歴史的に革命的な役割」のために鉄と同等であるとさえ宣言した。

アイルランドでは、ジャガイモ栽培の拡大は、牛の飼育や市場のための穀物の生産にのみ関心のある土地所有者から小さな区画を借りる、土地のない労働者によるものでした。1エーカーのジャガイモと1頭の牛の牛乳は、アイルランドの家族全員に、健康で活発な(そして絶望的に貧しい)農村人口のために単調だが栄養的に十分な食事を養うのに十分でした。貧しい家族は、多くの場合、現金で売ることができる豚を養うのに十分な余分なジャガイモを育てました。

品種の数が少ないことからの遺伝的多様性の欠如は、作物を病気に対して脆弱にした。

1845年から1849年の間のアイルランド西部と南部のアイルランドの飢饉は、食糧供給の壊滅的な失敗であり、飢饉と(特に)弱体化した遺体を攻撃した病気で約100万人が死亡し、英国、米国、カナダなどへの大規模な移住につながった。

飢饉の年の間に、約100万人のアイルランド人が移住しました。この潮流は、アイルランドの人口が飢饉前の800万人の半分以下だった20世紀まで変わりませんでした。


ハイランドじゃがいも飢饉

https://en.wikipedia.org/wiki/Highland_Potato_Famine

ジャガイモの疫病によって繰り返し荒廃した19世紀のハイランドとスコットランドの歴史(1846年からおよそ1856年)の期間

それは、1840年代半ばにジャガイモの疫病によって引き起こされた北ヨーロッパが直面するより広い食糧危機の一部であり、その最も有名な症状はアイルランドの大飢饉ですが、アイルランドのカウンターパートと比較して、それははるかに広範ではありませんでした。


ジャガイモはエン麦より栄養価が高い

イングランドのランカシア州の一部では、燕麦のパンの方が小麦のパンより労働者にとって健康に良いと主張されているという。

同じ主張はスコットランドでもよく聞くが、これが正しいかどうかは疑問だ。

スコットランドの庶民は燕麦を主食にしているが、小麦のパンを主食にしているイングランドの庶民と比べて、体力も弱いし、目鼻立ちも整っていない。

仕事が遅いし、顔色も悪い。

上流階級には、スコットランドとイングランドでこのような差はないので、スコットランドの庶民の食物ほど、人の健康に適していない事事によって示されていると思える。

しかし、ジャガイモについてはそうは言えないようだ。

ロンドンの駕籠かき、荷かつぎ労働者、石炭荷揚げ労働者はおそらく、イギリスでも特に強壮な男性であり、風俗業で働く不幸な女性はおそらく、イギリスでも特に美しいと言えるだろうが、その多くは、ジャガイモを主食にするアイルランド人の最下層の出身だという。

ジャガイモほど栄養があり、人間の健康に良いことをはっきりと証明できる食物はない。

(国富論第一編第十一章)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です