ハイランド

感性と理論

ハイランド

ハイランドクリアランス

18世紀後半から19世紀初頭にかけて、ハイランド社会は大きく変化しました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Highland_Clearances

ハイランドクリアランス(「ゲール人の立ち退き」)は、スコットランドのハイランドと島のかなりの数の農家の強制立ち退きであり、主に1750年から1860年までの2段階で行われた。

1750年は、家主が収入を増やす必要性によって引き起こされた農業の改善のための政策だった 。

しかし、ランリグシステムで管理されるオープンフィールド囲い込みと共有放牧は、はるかに高い家賃が支払われた大規模な牧畜農場に置き換えられ、農家は多額の負債を抱えることとなった。

ローランドへ避難した農家は、漁業、採石、昆布産業などの産業で雇用され、農家からクロフターへの地位の低下は、憤りの原因の1つでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です