ジャン=バティスト・タヴェルニエ(宝石商)

感性と理論

ジャン=バティスト・タヴェルニエ(宝石商)

https://en.wikipedia.org/wiki/Jean-Baptiste_Tavernier

1605-1689、17世紀のフランスの宝石商人、旅行者。ペルシャとインドへ6回の航海をした。タヴェルニエの6つの航海の著作はベストセラーとなり、注目すべき文化人類学者でもあった。

1666年に116カラットのタヴェルニエブルーダイヤモンドを採掘し、フランスのルイ14世に120,000リーブル(172,000オンスの純金に相当)で売却した。

1669年、タヴェルニエはジュネーブ市近くのサヴォイ公国にあるオーボンヌの領主(領地)を6万リーブルで購入し、オーボンヌの男爵になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です