ヘンリー2世 (プランタジネット朝#1)

感性と理論

ヘンリー2世 (プランタジネット朝#1)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘンリー2世_(イングランド王)

https://en.wikipedia.org/wiki/Henry_II_of_England

ヘンリー2世は、12世紀のイングランド王であり、プランタジネット朝の創始者です

ノルマン朝の内戦と断絶

ノルマン朝は、1066年にノルマンディー公ウィリアム1世がイングランドを征服して成立しました。しかし、ノルマン朝の最後の王であるスティーブン王の治世に、イングランドは内戦と政治的な混乱に見舞われました。

スティーブン王(Stephen of Blois)は、ノルマン朝時代(12世紀)のイングランドの王でした。彼の治世は1135年から1154年までの期間にわたり、彼自身はスティーブン(Stephen)として知られています。

彼とヘンリー2世の母であるマティルダ女王の間で王位継承を巡る争いが起こりました。この争いは長期にわたり、イングランドは政治的な不安定さに直面しました。

スティーブンは、ノルマンディー公ウィリアム1世(後のウィリアム征服王)の曾孫であり、イングランド王ヘンリー1世の妹アデラと結婚していました。ヘンリー1世の死後、彼の唯一の成人した男子であるウィリアム・アデリングが事故で亡くなり、王位継承に混乱が生じました。

この混乱の中で、スティーブンとヘンリー1世の娘マティルダ(またはマウダ)が王位を巡って争いました。スティーブンは1135年に王位につき、その間には激しい内戦が勃発し、これが「アンアッセンションの混乱」として知られています。

1人息子ウィリアム・アデリンを失ったヘンリー1世には、神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世に嫁いでいた娘でウィリアムの姉マティルダ(モードは愛称)が唯一の嫡出子となった。そのため、夫と死別したマティルダを1125年に呼び戻して王位継承者とし、1128年にはノルマンディーに隣接するアンジューフルク5世の息子ジョフロワ4世と結婚させていた。

この間ヘンリー1世は王族・貴族たちとマティルダへの王位継承を認める誓約を交わしたが、スティーブンも誓約した王族の1人で1126年1127年に誓約した(他にはヘンリー1世の庶子でマティルダの異母兄のグロスター伯ロバート、マティルダの母方の叔父に当たるスコットランドデイヴィッド1世もいた)

マティルダ女王のイングランド侵攻

1139年から1141年。彼女は父であるヘンリー1世の死後、王位継承権を主張し、イングランドに侵攻しました。この侵攻はスティーブン王の統治に対抗するためであり、戦争の発端となりました。

しかし、スティーブンの統治は安定せず、国内での対立が続きました。この時期は一般的には混乱と無政府状態であったとされています。1153年にはヘンリー1世の孫であるヘンリー・フィッツエンピースがヘンリー2世として即位が認められ、1154年にスティーブンが死去し、ヘンリー2世が正式に王位に就くことで、ノルマン朝の混乱期は終息しました。

スティーブン王とマティルダ女王の争い

ノルマン朝が断絶したのは、12世紀初頭のイギリスでの政治的な変動によるものでした。

マティルダ女王は、ヘンリー1世の娘であり、王位継承権を主張しました。彼女はノルマン朝の血統を持ち、父ヘンリー1世の意向により、彼女が次の王位継承者となることが期待されていました。

しかし、スティーブン王はマティルダ女王に対抗し、自身が王位継承者であると主張しました。彼はノルマン朝の子孫ではなく、母方の血統であるブロワ家の出身でした。

この王位継承争いは激しくなり、イングランドはスティーブン王とマティルダ女王の支持者による内戦状態に陥りました。この内戦は「スティーブンとマティルダの戦争」とも呼ばれ、長期にわたって続きました。

この争いにより、イングランドは政治的な混乱と不安定さに見舞われました。国内は分裂し、貴族や地域の軍事力が台頭しました。また、スティーブン王の統治は不安定であり、法の支配や統治力の弱さが問題となりました。

しかし、この争いを通じて、イングランドの政治体制に変革が起きました。スティーブン王とマティルダ女王の争いは、ノルマン朝の断絶とプランタジネット朝の成立につながりました。

この内戦と政治的な混乱の結果、ノルマン朝は断絶し、プランタジネット朝が成立しました。

プランタジネット朝の成立

まず、ヘンリー2世はプランタジネット家の出身であり、その家系はノルマンディー公ウィリアム1世の子孫でした。この家系はイングランドの支配者としての正統性を持っており、その血統的なつながりがヘンリー2世の王位継承に有利に働きました。

また、ヘンリー2世は政治的な才能と軍事的な能力を持っていました。彼は父であるジェフリー・プランタジネット伯爵から領地と権力を受け継ぎ、その支配を拡大させることに成功しました。彼はフランス領土を拡大し、イングランドの王位を確固たるものにすることに注力しました。

さらに、ヘンリー2世は王位につくための政治的な同盟を築くことも上手でした。彼は有力な貴族や教会の指導者と連携し、彼らの支持を得ることで王位継承を確実なものにしました。また、彼は法の支配を重視し、法廷改革を行うことで国内の統治を強化しました。

彼は強力な支配者であり、イングランドの中央集権化を推進しました。

彼の統治は、イングランドの政治的な混乱や内戦とも関連しており、彼の子供たちとの紛争もありました。

ヘンリー2世後継者問題

彼は複数の子供たちを持ちましたが、彼らの間で王位継承に関する争いが勃発しました。特に有名なのは、ヘンリー2世の長男であるリチャード獅子心王と次男のジョン王の対立です。

リチャード獅子心王は、ヘンリー2世の後継者として期待されていましたが、彼の父との関係は複雑でした。ヘンリー2世は、リチャードを王位につけることを望んでいましたが、同時に彼の権限を制限することも考えていました。このため、ヘンリー2世とリチャードの関係はしばしば緊張したものでした。

一方、次男のジョン王は、ヘンリー2世との関係がより複雑でした。彼はヘンリー2世のお気に入りではなく、父からの承認を得ることが難しかったと言われています。ヘンリー2世は、ジョンに対してリチャードよりも王位に近い立場を与えないようにしました。

このような状況下で、ヘンリー2世の統治の後期にリチャードとジョンの対立が激化しました。リチャードはフランスへの遠征や第三回十字軍に参加するなど、父の影響を受けずに独自の行動をとりました。一方、ジョンは王位継承を巡る野心を持ち、王位につくために様々な策略を巡らせました。

ヘンリー2世の死後、リチャード獅子心王が王位を継ぎましたが、ジョン王はその後の王となりました。しかし、兄弟間の対立は継続し、ジョン王の統治は不安定なものとなりました。彼は財政的な問題やフランスとの戦争に直面し、国内外での支持を失いました。

ヘンリー2世と子供たちとの紛争は、ヘンリー2世の統治の最後の数年間において重要な要素でした。この紛争は、王位継承を巡る権力闘争や個人的な対立が絡み合い、イングランドの政治的な混乱や内戦を引き起こしました。

ヘンリー2世は、法の支配を重視し、イングランドの法体系の発展に貢献しました。彼は法廷改革を行い、王の裁判権を強化し、中央政府の権力を拡大しました。また、彼は法の統一を図り、地方の法廷の統制を強化しました。これにより、イングランドの法体系は統一され、より効率的な司法制度が確立されました。

ヘンリー2世はまた、トマス・ア・ベケット大司教との対立で有名です。彼はベケットを大司教に任命したものの、ベケットが王の権威に逆らったため、対立が生じました。この対立は後のキリスト教の歴史に大きな影響を与えました。ヘンリー2世は、ベケットの暗殺を命じたという噂もありますが、真相ははっきりしていません。

ヘンリー2世の統治は、イングランドの法体系の発展と中央集権化の促進に重要な役割を果たしました。彼は強力な支配者として、王の権限を強化し、国内の統治を統一しました。彼の統治により、イングランドはより統制された国家となり、法の支配が確立されました。

 1133年3月5日 – 1189年7月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です