モンゴルのヨーロッパ侵攻

感性と理論

モンゴルのヨーロッパ侵攻

https://en.wikipedia.org/wiki/Mongol_invasion_of_Europe

ヨーロッパの伝統的な戦争方法は騎士間の近接戦闘であったため、モンゴルの距離を保った戦法に敗北した。

1242年3月下旬、1241年12月11日の大カーン・オゲデイの死が理由となり、モンゴル軍は撤退した。

モンゴル帝国はバトゥ・カーンの指揮下で西に拡大し、西部の草原を征服し、ヨーロッパにドライブした。

彼らの西部の征服には、ハンガリーの短い占領とともに、ヴォルガブルガリア、アラニア、クマニア、ルーシのほぼすべてが含まれていました。

彼らはまた、ポーランド、クロアチア、セルビア、ブルガリア、ラテン帝国、オーストリアを侵略した。コロムナの包囲中、カガンの異母兄弟クルゲンは矢で殺された。

征服の中で、Ögedeiの息子GüyükとChagataiの孫BüriはBatuを嘲笑し、モンゴルの陣営は不和に苦しんだ。KhaganはGüyükを厳しく批判した:「あなたはあなたの軍隊のすべての人の精神を壊した…あなたが自分の部下にどれほど意地悪だったか、ロシア人が降伏したと思いますか?

その後、彼はヨーロッパの征服を続けるためにグユクを送り返した。グユークと別のオゲデイの息子、カダンは、それぞれトランシルバニアとポーランドを攻撃した。

オゲデイ・カーンはヨーロッパの残りの部分を「大海」、大西洋まで侵略する許可を与えていたが、モンゴルの前進は彼の死の翌年の1242年初めに東ヨーロッパで停止した。

モンゴルのアカウントは後に、ドライブの失敗は、オゲデイの後継者の選挙に個人的に参加するためにバトゥの撤退を必要とした彼の早すぎる終焉に起因する。しかし、バトゥはそのような選挙のためにモンゴルに到着したことはなく、後継者は1246年まで指名されなかった。

前進が停滞し、勢いを取り戻せなかった可能性が高い理由は、ヨーロッパの要塞がモンゴルの司令官が利用可能な資源で乗り越えられなかった戦略的問題を提起したからです。


モンゴルのキエフ・ルーシ侵攻

モンゴルのルーシ侵攻

1223年モンゴル帝国ルーシ諸国に侵攻、カルカ河畔の戦いに始まり、1236年バトゥの西征で本格化、結果はルーシ諸国の大敗に終わり、ルーシの人口に甚大な被害が出た。

ルーシとよばれたキエフ大公国の範囲(9世紀‐13世紀)

東スラヴ人はモンゴル侵攻後の各地方で異なる道を歩み、ロシア人ウクライナ人ベラルーシ人の民族の違いがはっきりとするようになった[3]

ジョチ・ウルスの属国と化して「タタールのくびき」に苦しむルーシ諸国の中からはトヴェリ大公国モスクワ大公国といった新興勢力が現れるようになった。


中央ヨーロッパ侵攻

ポーランド侵攻

ボヘミア侵略

ハンガリー侵攻

クロアチア侵攻

ドイツ(マイセン)侵攻

神聖ローマ帝国(オーストリア)侵攻

https://en.wikipedia.org/wiki/Mongol_incursions_in_the_Holy_Roman_Empire

ブルガリア・セルビア侵攻

https://en.wikipedia.org/wiki/Mongol_invasion_of_Bulgaria_and_Serbia

ラテン帝国侵攻

https://en.wikipedia.org/wiki/Mongol_invasion_of_the_Latin_Empire

1242年の夏、モンゴル軍がコンスタンティノープルのラテン帝国に侵攻した。


モンゴル軍の撤退

1242年3月下旬、1241年12月11日の大カーン・オゲデイの死によって、ハンガリー平原のモンゴル軍は撤退し始めた。

1242年半ばまでに中央ヨーロッパから完全に撤退した。


フランス・モンゴル同盟

https://en.wikipedia.org/wiki/Franco-Mongol_alliance

西欧諸国市民の間では、偉大なるキリスト教同盟国が東方からやって来るという噂や予言が永らく語り継がれており、十字軍が戦いに敗れた後にうねりとなって一般に伝播した。

モンゴル人は既にキリスト教を一部受容しており、モンゴル宮廷に多くの有力なネストリウス派キリスト教徒が存在していた。

13世紀、彼らの共通の敵であるイスラム国家に対抗するため、フランク人による十字軍国家とモンゴルの帝国の間では同盟に向けた試みが行われたが、有効な同盟実現には至らなかった。

西欧とモンゴル帝国の間の最初の公式な交流は、ローマ教皇インノケンティウス4世 (在位: 1243年1254年) と大ハーンとの間で行われた。

交流は、モンゴルが服従と朝貢を要求するのに対して、西欧諸国はモンゴルにキリスト教西方教会への改宗を求めるというパターンを繰り返す傾向にあった。


ヨーロッパ回復・反侵略

14世紀半ばに、モンゴル帝国のヨーロッパ支配は弱まり、ヨーロッパの王国は、占領された領土を取り戻すだけでなく、モンゴルが支配する土地への様々な侵略を開始した。

ジョージア

ジョージ5リーダーシップの下、ジョージア王国は、自分の土地でグルジアの支配を回復し、モンゴルの手からトレビゾンド帝国さえ奪った。

リトアニア

ブルーウォーターズの戦いでモンゴル人を破り、キエフ公国などの黄金の大群の領土をドニエプル川まで征服した後、ヴォルスクラ川の戦いで敗北した後に停止されました。

ロシア

モスクワ公国はまた、多くのルーシの土地を取り戻し始め、最終的にはロシアのツァーリ国に発展しました。

ハンガリー

1345年、ハンガリー王国は率先してモンゴルの領土に独自の侵略軍を投入し、モルダヴィアとなるものを占領した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です