Aftermath(アフターマス、余白)

感性と理論

Aftermath(アフターマス、余白)

https://en.wikipedia.org/wiki/Aftermath_(Rolling_Stones_album)

https://ja.wikipedia.org/wiki/アフターマス

アメリカのジャケット

イギリス#4:1966年4月15日にデッカレコード

アメリカ#6:1966年6月下旬または7月上旬ロンドンレコード

英国版は当時としては最長の52分以上、アメリカ版では英国版の4曲(「マザーズ・リトル・ヘルパー」「アウト・オブ・タイム」「テイク・イット・オア・リーヴ・イット」「ホワット・トゥ・ドゥ」)の代わりにシングルPaint It Black」に置き換え44分弱となっている。

全曲オリジナル曲で構成された最初のアルバム

ポップフォークカントリーサイケデリアバロック中東音楽など、シカゴブルースR&Bの影響を超えて、より幅広いコードと文体要素を取り入れた。

ストーンズは、シングル「(I Can’t Get No) Satisfaction」(1965年)、「Get Off of My Cloud」(1965年)、「19th Nervous Breakdown」(1966年)がヒットし、ビートルズと音楽的および文化的にも匹敵、ビートルズのラバーソウル(1965年)とともに、1660年代の同時期を代表するスウィンギングロンドンと急成長するカウンターカルチャーを反映する。

商業的にも、アメリカの実業家、アレン・クラインの目に留まり、デッカレコードにグループに120万ドルのロイヤリティの前払いを強制し、メンバーに経済的な富をもたらした。

一方、その破壊的な音楽は、1970年代にグラムロックと英国のパンクロックにつながる暗い心理的および社会的コンテンツを開拓した。


ブライアンの挑戦と不和

ブライアン・ジョーンズは、シタールアパラチアのダルシマー、日本のマリンバ、ギターやハーモニカなど、ロックとして挑戦的な演奏をしている。

リチャーズは後に、この挑戦は音楽的にやりがいがあると感じたが、バンドが多忙なツアースケジュールを録音して維持するという極端なプレッシャーにさらされていたとき、ジョーンズのプロとしての態度に憤慨したと述べた。

本作からミック・テイラーが加入する『レット・イット・ブリード』(1969年)までのストーンズのギターは、ほとんどがリチャーズの手にゆだねられることとなる。

ブライアン・ジョーンズがファンやマスコミからバンドのリーダーとして見られ続けたことは、ジャガーとオールダムは困惑しストーンズ内では緊張感が漂っていた。

すべての曲は、ジャガーとリチャーズの共作としてクレジットされているが、これはオールダムがジャガーとリチャーズを売り出すためのもので必ずしも正確ではない。

ワイマンによると、「ペイント・イット・ブラック」は、ジャガー・リチャードではなく、バンドの全員のナンカー・フェルジ(仮名)にクレジットされるべきだったと不平を言った。なぜなら、この曲はワイマンとジョーンズ、ワッツによるスタジオ即興から始まり、ジョーンズがメロディーラインを提供しているからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です