Beggars Banquet(乞食の宴会)

感性と理論

Beggars Banquet(乞食の宴会)

https://en.wikipedia.org/wiki/Beggars_Banquet

https://ja.wikipedia.org/wiki/ベガーズ・バンケット

1968年12月6日

イギリス#7:デッカレコード

アメリカ#9:ロンドンレコード

プロデュース:ジミー・ミラー

先行シングル:「ジャンピン・ジャック・フラッシュ

(サイケデリック)ロック・ナンバーよりも彼らのルーツであるブルースカントリー・ミュージックフォークソング・ナンバーの方に重きが置かれている。

アコースティックギターを中心に据えたサウンドが目立ち、ドラムスを使用しない曲が3曲もある。

前作は『サタニック・マジェスティーズ

ギターは大半がキース・リチャーズによるもので「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」で本格的に取り入れられたオープン・チューニング奏法が、本作でも導入されている。

オープン・チューニング:開放弦の状態で鳴らした時に、GコードやDコードなどの長和音になるように調律する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です