パラグアイ(植民地)

感性と理論

パラグアイ(植民地)

https://ja.wikipedia.org/wiki/パラグアイの歴史

先コロンブス期の現在のパラグアイに相当する地域には、グアラニー族狩猟民族が存在していた。

アンデス山脈の住民のような国家を形成しなかったグアラニー族は、焼畑農業狩猟採集などを行って生計を立て、通貨を持たず、一夫多妻制によって築かれたテウイと呼ばれる父系の拡大家族を単位として、物々交換を基盤に階級のない社会を築いていた。

1537年、スペインによる植民地化を受け入れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です