フォンテーヌブロー(フランスの都市)

感性と理論

フォンテーヌブロー(フランスの都市)

https://ja.wikipedia.org/wiki/フォンテーヌブロー

宮廷があるか、ときおり宮廷として使われる宮殿があって、主にそれによって支えられている都市では、下層民は主に収入部分の支出によって維持されており、一般に怠惰で遊び好きで貧しい。

ローマや、フランス王の宮殿のあるベルサイユ、コンピエーニュ、フォンテンブローがそうだ。

国富論第二編第祭三章 資本の蓄積と、生産的労働と非生産的労働

フォンテーヌブローには、歴代フランス王の愛したフォンテーヌブロー宮殿(フォンテーヌブロー城)、またかつての王族の狩猟地で現在も自然が保全されている広大なフォンテーヌブローの森英語版)がある。

この小さな集落には、ルイ7世によって礼拝堂が作られた。

ルイ9世は非常にフォンテーヌブローを評価し、この土地を『砂漠』『無人の土地』と呼んだ。そして彼は別邸と病院を建てた。

フィリップ4世はフォンテーヌブローで生まれ、フォンテーヌブローで没した。

ルイ6世からナポレオン3世に至るまでの、700年の間の34人の支配者たちが、フォンテーヌブローで過ごした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です