カナン

感性と理論

カナン

紀元前1450年頃から紀元前1200年頃にかけて都市国家としての全盛期を迎えた。この遺跡から見つかった重要な文化には、独自の表音文字ウガリット文字と、ユダヤ教の聖書へとつながるカナン神話の原型ともいえるウガリット神話集がある。カナン、あるいはカナアンヘブライ語: כנען‎[1]クナーアン)とは、地中海ヨルダン川死海に挟まれた地域一帯の古代の地名である。聖書で「乳と蜜の流れる場所」と描写され、神がアブラハムの子孫に与えると約束した土地であることから、約束の地とも呼ばれる。現代のカナンに関する知識の多くは、1928年に再発見された都市ウガリットの発掘調査によってもたらされた。

神がアブラハムに与えたとされる領域の境界についてのひとつの解釈。境界を示す赤線が、ナイル川とユーフラテス川に引かれている。(創世記15:18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です