Historiae (Tacitus)

感性と理論

Historiae (Tacitus)

「Historiae」は、ローマの歴史家タキトゥス(Tacitus)によって書かれた作品のタイトルです。この作品は、タキトゥスがローマ帝国の帝位継承をめぐる出来事やその後の歴史について記録したものです。日本語に翻訳すると「歴史」となります。

https://la.wikisource.org/wiki/Historiae_(Tacitus)/Liber_I

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です