ローマ建国史 (Ab Urbe Condita Libri)

感性と理論

ローマ建国史 (Ab Urbe Condita Libri)

「リウィウス」(Titus Livius紀元前59年頃 – 17年

 Iam primum omnium satis constat Troia capta in ceteros saevitum esse Troianos, duobus, Aeneae Antenorique, et vetusti iure hospitii et quia pacis reddendaeque Helenae semper auctores fuerant, omne ius belli Achivos abstinuisse;

Ab Urbe Condita Libri

まず最初に、トロイが陥落し、トロイア人に対して残虐な行為が行われたことは明らかです。ただし、アエネアースとアンテノールの二人に関しては、彼らが古くからの友好関係の正当な権利を持ち、かつ常にヘレネーの平和と帰還を主張してきたため、アカイア人は戦争の権利を差し控えました。

Et in quem primo egressi sunt locum Troia vocatur pagoque inde Troiano nomen est: gens universa Veneti appellati. Aeneam ab simili clade domo profugum sed ad maiora rerum initia ducentibus fatis, primo in Macedoniam venisse, inde in Siciliam quaerentem sedes delatum, ab Sicilia classe ad Laurentem agrum tenuisse.

Ab Urbe Condita Libri

最初に上陸した場所は「Troia」と呼ばれ、その地域は後に「Troiano」と名付けられました。全体の人々は「Veneti」と呼ばれています。アエネアースは同様の災難から逃れた亡命者として、運命に導かれて新たな出発を迎えました。最初にマケドニアに到着し、そこからシチリアに移動し、そこで定住地を求めました。シチリアから艦隊を率いてローレンティウムの地にたどり着きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です