カテゴリー: 楽典

感性と理論

デシベル#2(対数表示)

何らかの量の大小を表すときは、わざわざ「対数」(log)に変換して表示した方が都合がいい場合がある。 どういうことか。 前回書いたように、人間の感性は「足し算」ではなく「掛け算」だからである。 不思議なもので、実は「重さ…
続きを読む

デシベル#1(足し算と掛け算)

https://ja.wikipedia.org/wiki/デシベル 音楽を楽しもうと思えば、「dB」(デシベル)の理解は欠かせない。 抵抗、対数、マイナス表示・・・・難しそうなのでこれまで避けてきたが、ちょっと頑張って…
続きを読む

ピアノレッスンと音楽鑑賞#2

合唱の経験から、少し思いついたことを書く。 (前回の続き) (新曲に取り組む時は、まず)聴いてみてイメージをつかむ→自力で楽譜を読んで曲を仕上げる→仕上がってから他の人の演奏を聴いてみる ……という流れが、ピアノの上達の…
続きを読む

音楽と教養

音楽、具体的にはピアノやバイオリンなど、何らかの楽器を「習い事」として、「音楽は教養の一つだから」という理由で、子供を音楽教室に通わせる場合がある。 子供を持つ親にとって、教育にかける資金は「投資」であるから、もちろん、…
続きを読む

国の繁栄のためのカルト教団対策

合理的な寛容と穏健 以上に述べた教会管理の方法、もっと適切に表現するなら教会無管理の方法は、独立協会派と呼ばれる教団、疑いもなく極端に狂信的な教団が、イングランドの政策として採用するよう、清教徒革命の末期に提案したもので…
続きを読む

雨漏りはミニマル・ミュージック!?

昨日の、ちびまる子ちゃん 「雨漏り演奏会」の巻 はまじのうちの雨漏りがすごいけどなんか楽しいので、みんなで楽器を持って集まった。 これは、もしかしたら、 先日、NHKの『クラシックTV」でやっていた、テリーライリーの「I…
続きを読む

楽譜が読めない

体験レッスンで「楽譜が読めない人でも大丈夫」というセールス文句がある。 ちょっと待て! 小中学校の義務教育で、五線譜の見方(ト音記号、ヘ音記号、リズム)、鍵盤の位置、シャープ、フラットの意味くらい習わなかっただろうか? …
続きを読む

ピアノの体験レッスン#1

第一関節 ピアノレッスンに関するネット上のブログなどで、「指の第一関節が大事」というのをよく見かけるのだが、それは「なぜなのか?」その理屈がいまいちよくわからなかった。 第一関節って、指の一番先の関節のこと。 先日、NH…
続きを読む

中世西洋音楽

https://ja.wikipedia.org/wiki/中世西洋音楽 6世紀頃から15世紀にかけての音楽を指す。 モノフォニック音楽 グレゴリオ聖歌をはじめとするキリスト教の聖歌や、トルバドゥールやトルヴェールに代表…
続きを読む

コナンくんと絶対音感

https://ja.wikipedia.org/wiki/名探偵コナン_戦慄の楽譜 DTMF(Dual-Tone Multi-Frequency) 絶対音感を持つ二人の人間がいれば、プッシュフォンの複合音を作り出して電…
続きを読む

ベートーヴェンはロックだ

音楽の三要素「リズム」「メロディ」「ハーモニー」 ※ただし、ジャズにはハーモニーを無視した「モードジャズ」や、古い教会音楽(メロディのみ)というのもあったりする。 音楽のジャンルはこのうち「何を重視しているのか」によって…
続きを読む

譜読みの訓練

ト音記号 五線譜上、右手:E、G、B、D、F 線間、右手:F、A、C、E 五線譜から上は①A → ②C → ③E → ④G 線間:G、B、D、F、A 一番下 C =ヘ音記号の一番上になる。 五線譜上(下から)、 左手:G…
続きを読む

ピアノの楽譜の記号

fp(フォルテピアノ)強く、直ちに音を弱めてsf(スフォルツァンド)突然強いアクセントをつけてrf(リンフォルツァンド)その音を急激に強める